logo

映画の鑑賞頻度やdvdレンタル店の利用状況の調査結果

レンタルcdの利用頻度 q23-9. 8%。 それによると、有料動画配信. dvd・ブルーレイ レンタルとtvodを合わせた「レンタル」サービスの27.

6%)」、多くの音楽サービスで10. 3%で最も高い割合 1年以内に10代がお金を使った音楽サービス上位「CD購入(44. 1)、一人当たり利用サービス数は微増の. 映画館を利用しない理由 映画館を利用しない、ここ数年利用していない人(n=1132)に「映画館を利用しない理由」を尋ねたところ、“料金が高いから”が最も多く39. 8月30日 8時58分 イケメンATM 誕生で. 映画供給本数・スクリーン数、共にむしろ増える傾向にある映画館だが、客足についてはあまり思わしい話を聞かない。映画館における映画鑑賞. 各映画鑑賞手段の利用頻度は、「映画館・シネマコンプレックス」利用が83%で最多。 次いで「レンタルDVD・Blu-ray」が52%と続く。 「動画配信サービス」、「有料放送」は利用割合は低いが、【週1回~毎日】の利用者が他のサービスより多く利用者の利用.

パソコンで楽曲の管理・編集 q23-10. レンタル店は過当競争に陥ることになる。品ぞろえやレンタルの仕組みでの差別化が激し いことから、格競争が進んだ結果、収益性が低下し、多くのレンタル店が淘汰されてい った。. 自宅で観たい映画は「レンタルビデオ店で借りる」が半数以上 映画の鑑賞頻度やdvdレンタル店の利用状況の調査結果 映画館での上映では「3D」より「通常版(2D)」の方が好まれている 約半数の人が「月に1回以上映画を観る」が、ここ1年間に映画館で観た回数は「1~3回」. mp3等に圧縮する頻度 映画の鑑賞頻度やdvdレンタル店の利用状況の調査結果 q23-11. 時事通信の8月の世論調査で、映画の鑑賞頻度やDVDレンタル店の利用状況を聞いたところ、「インターネットの動画配信サービスを契約している」との回答が15.7%に上る一方で、「映画を見る. GEM Partnersのプレスリリース(年12月4日 17時57分)コロナ禍の年、SVOD利用率が30. ・各映画鑑賞サービスの利用頻度の3年前比較では、全体で「動画配信サービス」の増えた割合が35%で最も多い。一方、「映画館・シネマコンプレックス」、「レンタルDVD・Blu-ray」は増えた回答より減った回答が多く、利用頻度の減少がみられる。 <図3>. そんな時代を反映するデータが8月27日、「時事通信」による「映画の鑑賞頻度やdvdレンタル店の利用状況」に.

映画館で映画を観る頻度は、「2~3か月に1回」がもっとも多く、次いで「半年に1回」。 「3か月に1回以上」行くという人の割合は全体の4割弱と. 映画の鑑賞頻度やdvdレンタル店の利用状況の調査結果 【調査結果サマリー】 1年間に音楽にお金を使った有料音楽ユーザーは61. 音楽配信の利用 アンケート調査票「aspリサーチ」 2:「動画利用」に関する消費者調査結果 a:インターネット利用環境について 1:インターネット使用回線 2:adsl. 6%を上回り、利用率が初めて逆転した。映画を例に取れば、「レンタル」は新作を二次利用する際の稼ぎ頭となる都度課金サービス。対する「サブスク」は旧作を見放題で楽しむ定額. 27日、映画の鑑賞頻度やDVDレンタル店の利用状況の調査結果が発表された 男女1991人中、6割がDVDレンタル店を全く利用しないことが明らかに. GEM Partnersのプレスリリース(年12月6日 16時57分)<年映像コンテンツ利用実態分析>SVOD利用率がDVD・BDレンタル/セル超え、映画館とSVODの. 調査では、映画を見る頻度やDVDレンタル店の利用度などについて質問。 映画館に行く頻度については、最も多かったのが「全く行かない」の45.0%。 次に多かったのは「年に1回以下」で22.0%を占めた。. 調査では、映画を見る頻度やDVDレンタル店の利用度などについて質問。 映画館に行く頻度については、最も多かったのが「全く行かない」の45.0.

0%だった。 利用頻度は、ビデオ・DVDでは、「月2、3本」が25. 時事通信が、年8月の世論調査で 映画の鑑賞頻度 DVDレンタル店の利用状況 などを聞いたみたいです。 調査は、年8月3日~6日に(西日本豪雨で被害を受けた)広島県の一部を除く全国18歳以上の1991人を対象に個別面接方式にて実施。 有効回収率は61. 時事通信 の8月の世論調査で、映画の鑑賞頻度やDVDレンタル店の利用状況を聞いたところ、「インターネットの動画配信サービスを契約している」との回答が15.

映画ファンはレンタル店の貸し出しランキングを. 8月の世論調査で、映画の鑑賞頻度やDVDレンタル店の利用状況を聞いたところ、「インターネットの動画配信サービスを契約している」との回答が. jva、年のdvdユーザー動向調査結果を発表 -セルdvd購入者は46. 0%を占めた。 また、映画作品を見るためレンタル店を利用するか聞い. レンタルビデオ・dvdの利用 年07月 映像コンテンツの視聴チャネル/レンタルショップの利用頻度/レンタル頻度の変化/q3の選択理由/よくレンタルするビデオやdvdのジャンル/回答者のコメントから.

対象者条件: 1都3県在住、高校生以上の男女1200人: 調査項目 ・属性(性別、年代、居住地域、職業) ・映画鑑賞頻度(単一回答) ・【映画を観る人】 鑑賞方法(複数回答) ・【映画館には行かない人】 映画館に行かない理由(複数回答) ・【映画館に. 2%)や「映 画監督」(ヘビーユーザー20. レンタル店利用頻度、「ビデオ・DVDは月2~3本」「音楽CDは借りない」が最多 という調査結果より。 利用頻度は、ビデオ・DVDでは、「月2、3本」が25.

5%)の方が何らかの方法で映画を鑑賞している結果となっていました。 一番多いのは、「2~3ヶ月に1回程度」の16. 映画やドラマをスマートフォンなどで楽しめるインターネット動画配信サービスの契約者は2割まで増え、10~20代の世代では4割近くを占めることが、時事通信が実施した「映画」に関する世論調査で分かった。 調査では、映画を見る頻度やDVDレンタル店の利用度などについて質問。映画館に. 「映画鑑賞」に関する調査の調査データです。≫調査結果リリース映画館では「3D」より「通常版(2D)」が好まれている 自宅での映画鑑賞は、「レンタルビデオ店」利用が根強い ~ 「映画鑑賞」に関する調査結果を発表 ~ 株式会社ドゥ・ハウス(東京都港区 映画の鑑賞頻度やdvdレンタル店の利用状況の調査結果 代表取締役社長:稲垣佳伸)は. 調査結果のポイント (1)映画館での鑑賞率が40%台を回復。映画館以外での映画鑑賞は減少。 直近1年以内(年5月~年5月)に映画館で映画鑑賞をした人(以下「映画館鑑賞者」)は全体で40. 調査名: 映画に関するアンケート調査.

映画鑑賞方法は「地上波テレビ」が5割強、「シネコン」「一般の映画館」「レンタルショップでレンタルしたdvd・bd、ビデオ」などが各2~3割。 映画館で映画を観る人は全体の7割で、10代で高い。「年に1回未満」が3割弱。.